先憂後楽:著者一覧

politician_column_writers

船橋邦子 (1)

 現在、北京JAC(世界女性会議ロビイングネットワーク)、NPO法人女性と子どものスペース・ニコ代表 アジア女性資料センター理事、男女共同参画と災害復興ネットワーク運営委員 40年近く女性差別撤廃に向けた運動にかかわる。 佐賀県立女性センター・県立生涯学習センター「アバンセ」初代館長 大阪女子大学女性学研究センター教授、和光大学人間関係学部教授を歴任

politician_column_writers

大野敬太郎 (35)

衆議院議員

1968年11月1日生まれ。
坂出中央小・付属坂出中・丸亀高校・東京工大卒・同大院修士。
東京大学博士号取得。富士通研究所・カリフォルニア大バークレー校客員フェロー・国務大臣秘書官・東大産官学連携研究員・国会議員秘書などを経て、第46回総選挙で初当選。

大野敬太郎のページはこちら

politician_column_writers

杉江義浩 (8)

1960年3月15日東京都渋谷区生まれ。神戸大学文学部卒。「NHKスペシャル」「天才てれびくん」をはじめ、「週刊こどもニュース」では番組の立ち上げから8年間にわたり総合ディレクターを担当。以降、「真剣10代しゃべり場」「ピタゴラスイッチ」「からだであそぼ」などを担当。2008年よりNHKインターナショナル勤務。国連CPO10、APEC、IMF世銀総会等の国際会議においてホストブロードキャスター業務を担当。現在は放送プロデューサーの他にボランティアで池上彰公式ファンクラブを主宰。メディアの可能性を探求している。著書に、ニュース、みてますか? -プロの「知的視点」が2時間で身につく- (ワニブックスPLUS新書)

ysugie.com

politician_column_writers

水野ゆうき (2)

千葉県議会議員(我孫子市選出・無所属)

1983年2月19日生まれ。
千葉県我孫子市生まれ、育ち、在住。
父の仕事の関係でアメリカ・ロサンゼルスに移住(小・中学校)。帰国後、私立茗渓学園中学校に編入し、同高校卒。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒。
東証一部上場企業、民放テレビ局勤務を経て、2011年~2015年、我孫子市議会議員。2015年4月より千葉県議会議員

水野ゆうきのページはこちら

politician_column_writers

安藤じゅん子 (2)

千葉県議会議員

1976年5月29日生まれ。
いずみ幼稚園、上本郷第二小学校、第六中学校、共立女子学園高校、早稲田大学社会科学部卒業。
2010年~2014年松戸市議会議員、2015年4月千葉県議会議員選挙に松戸市選挙区から出馬、初当選。民進党所属。
小学生の子どもを持つ、一児の母。子育て世代の声を県政に届けるとともに、男女共同参画社会の実現、女性の政治参加の促進などを目指す。

安藤じゅん子のページはこちら

politician_column_writers

井崎義治 (1)

流山市長(千葉県)

1954年2月11日生まれ、O型。
東京都杉並区生まれ。柏育ち、昭和63年から流山在住。
立正大学文学部地理学科卒。サンフランシスコ州立大学大学院人間環境研究科修士課程終了。
日・米で都市計画コンサルティングに従事し、2003年から流山市長。現在4期目。

いざき義治のページはこちら

politician_column_writers

長島有里 (1)

逗子市議会議員

1978年11月22日生まれ。
鎌倉高校卒業後、18歳で結婚。19歳で長女出産。夫が全国最年少市長に当選。
市長の私設秘書を務めながら立教大学に入学。卒業後、逗子市議会議員選挙の発出馬し、当選。横浜市立大学大学院修了。NPO法人KANATAN副理事長。2018年の逗子市議会議員選挙で37票差で落選し、引退。

長島有里のページはこちら

politician_column_writers

長谷川豊 (2)

司会者・キャスター。
在京キー局で14年間アナウンサーをした後、フリーに転向。週8本のレギュラー番組を持つ傍ら、人気ブログや連載を執筆。 現在は執筆や講演・イベントなどで幅広く活躍している。時として過激な発言や提言が炎上することも。日本維新の会千葉1区支部長。

長谷川豊のページはこちら