no image

今留尚人

いまどめ なおと

  • 元職・立候補予定者・公認候補など(議員・首長ではない)
  • 地域:宮城県
  • 選挙区:宮城1区
  • 政党:無所属
  • 性別:男性
  • 生年月日:

今留尚人氏の情報発信ツール

2019-04-14 15:05:09
【時事】 勝ったと思った人は、もれなくロックオンされている。ウイルス弾は「離間の計」、ワクチン名は「噂や記憶に反応しない」。感染症状は伝言の媒介数に比例し、ワクチン効果は直接会話回数に比例する。善意の目的を探すのは繰り返す忍耐であり、悪意の手段を見つけるのは前提を疑う論理だから。
2019-04-11 12:39:02
◆料理も職業も全て人と繋がる土管。退屈とは道具の持ち腐れ、伝える内容も無いのに伝える道具だけはある状態を退屈と言う。金は生み出した感謝量に比例し、減点は無いから善悪に比例しない。「過程」は触れた者に、「結果」は時空を越えて、感謝を生むから、仕事でしか繋がれない人に金は溜まり易い。
2019-03-31 07:42:00
<男子直系と多様性5: 階段> 文明が選んだ方法は、交互に時代を担当させる知恵であり、そのための多様性を維持する知恵であったろう。グローバルは程々が良く、地産地消も程々が良い。
2019-03-31 07:41:28
<男子直系と多様性4: 進歩と調和> アメリカインディアンを始め多くの母系家族制度が、こうして生まれたのだろう。男子直系制度は、アダムに遡れない限り、無数の疑似直系を産み、競争と進歩を起こす。母系制度は、アダムを見つけない覚悟なので、調和があり停滞が起こる。
2019-03-31 07:40:25
<男子直系と多様性3: 人類の知恵> 信長のY染色体は、男子直系の中に代々多く残って来たのである。だから、Y染色体を遡ることで人類の起源を探る研究が行われる。生物学的には、人の男子直系理論は正しい。ただし、社会学的には必ずしも正論でない事を歴史が示す。
2019-03-31 07:24:24
<男子直系と多様性2: メンデルの法則> 性染色体には、X染色体と呼ばれる女染色体と、Y染色体と呼ばれる男染色体の2種類があり、XXのペアが女に成り、XYのペアが男に成るのが一般的である。相同な女の性染色体では遺伝子組み換えは普通… https://t.co/nc5ecxsx03
2019-03-31 07:18:19
<男子直系と多様性1: 生殖> 人の遺伝子は22対の常染色体と1対の性染色体から成る。生殖の際、1対の片方1本のみを卵子もしくは精子に移し、精子由来半分と卵子由来半分が再び合体する事で2本1対の染色体に戻る。その時に遺伝子組み換え… https://t.co/eV4xHWxpRh
2019-03-24 07:59:18
◆富士の描写は様々あっても富士は一つ。本物を知れば、見え方全てが興味深い。生まれて死ぬ目的も、多分一つ。だから本物同士は、違いがあっても優劣がない。全体の一部であるなら、必ず補完関係が見つかる。手段を語っている時に、葛藤があり、犠牲があり、優先順位が現れる。
2019-03-17 12:35:45
【情報の深淵6:日本の覚悟】 善を探し、善を握れ。徳川家康が最愛の長男を切った様に、善意の目的を渾身の力で握り締め、悪意の手段に渾身の知恵で対処せよ。
2019-03-17 12:34:30
【情報の深淵5:日本の選択】 朝鮮半島の難民化に備えよ。悪意に簡単に踊らされる者を内に入れる体力は、今の日本にない。日本という藁にすがり付く者への対処は、今や二つ。選別か断交。悪意に踊らされない知恵を持った者のみを受け入れる。もう一つは、火事の延焼を防ぐ定石である。