下地幹郎

しもじ みきお

  • 衆議院議員
  • 地域:沖縄県
  • 選挙区:沖縄1区(比例復活)
  • 政党:日本維新の会
  • 性別:男性
  • 生年月日:1961年8月14日

下地幹郎氏の情報発信ツール

2019-03-24 09:07:06
大阪の選挙について問い合わせがあります。特に統一地方選で全国を回ると、維新について「大阪どうなるんや!」と言われた時に、私は一言「公約を守ろうとする政治家が負けたら政治は崩壊する。それだけですよ」と言います。公約を守ろうとする政治家が負けたら政治は崩壊した事になる。それだけです。
2019-03-24 03:30:08
昨日は那覇空港発で出発が15分遅れ、会議に遅刻。今日は那覇空港着で15分遅れ。どちらも那覇空港のボーディングブリッジが使用できないことが原因。近頃の那覇空港はまったく信用出来ない。時刻表とチケット全てに「15分くらいは遅れます」と書くべきだ。嘘つきの時刻表は商法違反でないの?
2019-03-24 03:24:40
遅延の原因は分かっている。ターミナルの機能が小さく、ボーディングブリッジの数が少ない事だ。原因が分かってるの改善しない航空局に問題ありだ。菅官房長官は、滑走路の現場の視察でなく、空港ターミナルを視察すべき。視察のポイントがずれている。菅長官には全ての沖縄の本質を見てもらうべきだ。
2019-03-22 13:42:45
県民投票そのものについて「失敗だった」と評価する声はほとんど聞きません。 それはつまり、沖縄県にとって、この県民投票が自らの主張をリードする有利な状況をつくれるものとなったことを意味します。 しかし、この結果を有効に活用する戦略がいまだ見られないことに、私は危機感を覚えます。
2019-03-22 13:41:51
以前、県民投票の結果について、「反対票の数字」と「反対以外の数字」という区別でシンプルに分析をして意見を述べさせていただきましたが、それに対して多くのご批判の声をいただくことになりました。
2019-03-22 13:40:37
3月19日、東京で安倍総理と玉城知事が会談し、「辺野古の埋立てを止めれば、提訴しない用意がある」と知事が提案したことは、愚策だと言われても仕方ないのではないかと、私は感じています。 この3月という時期は、沖縄県は、政治も行政も、国に対して物事を仕掛ける時期ではありません。
2019-03-21 21:38:46
古本屋のお姉さんと出会いました。「私たちは新品の本は買えません。古本屋で安い金額になって初めて買うことが出来るのです。だから私たちの古本屋は、リサイクルだけのためにあるのではなく、生活が豊かでない人も本を買えるためにやっているのです」お姉さんお薦めの本10冊、読むことにしました。
2019-03-21 21:35:39
利休忌茶会に参加しました。厳かな茶会に参加できたことは良かったです。心静かにお茶をたしなむことは、私のような人間には特に大事なことだと思いますから、これからも指導を受けてまいりたいと思います。 https://t.co/TePs6yCymH
2019-03-21 21:34:58
統一地方選挙の前半戦が始まりました。特に大阪は、日本維新の会の存亡をかけた戦いだけに、負けるわけにはいきません。公約を果たそうとする強い思いが、わがままだとか党利党略だとか言われること自体が、政治の崩壊を意味しています。どんなことがあっても公約をやり抜こうとする政治が必要です。
2019-03-20 14:00:26
訴訟を交渉のカードにするのではなく、戦うなら徹底的に戦う、県民のなかだけの県民大会で終わってしまうのではなく、戦う相手を国と見定めたのなら、そこに的を絞った戦い方をしなくてはいけません。 そのような私の思いを伝えさせていただきました。