下地幹郎

しもじ みきお

  • 衆議院議員
  • 地域:沖縄県
  • 選挙区:比例(九州)
  • 政党:日本維新の会
  • 性別:男性
  • 生年月日:1961年8月14日

下地幹郎氏の情報発信ツール

2017-09-22 12:20:49
「当たり前のことを、当たり前にやる」。正しく、透明性をもって行えていないことこそが、いま最も問題となっており、国民の政治不信を招いていることに、われわれはもっと自覚すべきだと私は思います。 https://t.co/YUCQ64r3Qs
2017-09-22 12:18:02
今日、文科省の関係者から話を聞きましたが、政府はいま、この話にピリピリと神経をとがらせているのだそうです。しかし私は、何も悪いことをしているわけではないのだから、当たり前に認可を行って、堂々と説明をすれば済む話じゃないかと思います。
2017-09-22 12:17:27
つまり、どういうことかといえば、10月29日の投開票スケジュールでは加計学園の認可判断が不可能になるため、「9月28日解散・10月10日告示・10月22日投開票」という日程となった、というのが今回の冒頭解散の真相だ、という話です。
2017-09-22 12:16:03
「10月23日」、文科省の審議会において加計学園の認可判断が下されることになりそうです。この「10月23日認可判断」という日程から逆算すれば、「9月28日の冒頭解散」しかありえない、という判断が行われたようであります。
2017-09-18 06:05:10
とはいえ、この安倍総理の決断を、私たちは受け止めなければならない。政治がこのようなやり方でまかり通るのか、その信を問うことも私たちの仕事です。新しい政党も、日本維新の会も、民進党も、連合し、この不条理な選挙に対してどう取り… https://t.co/3Y9QG2bcIE
2017-09-18 06:04:35
しかし、それをやらずして解散というのは、大義が立ちません。いま、支持率の数字があがったことを根拠にするのではなく、審議を経たのちの数字こそが大切なのであって、このタイミングの解散決断は、まったく読み違いをしていると私は思います。
2017-09-18 06:04:07
この解散は「異常」としか言いようがありません。国会を開き、年金、森友、北朝鮮、経済など、あらゆる問題について話し合い、その審議を経てから解散というのが当然だと私は思います。なぜなら、この審議を見たなかで、国民が何を選択するかを決めることが出来るからです。
2017-09-15 02:40:51
北朝鮮の行動により、インドにおいて北朝鮮に対して強いメッセージを行う戦略は失 敗したことは間違いありません。ここは単純にシャトル外交で新幹線の起工式に行くのだとしていたほうが、良かった のかもしれません。今回は「したたか外… https://t.co/HgrngalnAE
2017-09-15 02:40:36
日本の総理大臣がインドを訪問している最中に、日本の上空を通過するミサイルを発射させ、インドが核保有国であることを改めて示す絶好のチャンスを北朝鮮が作ったという戦略なのでしょう。
2017-09-15 02:40:20
インドという国家が核を保有しているだけに、北朝鮮からすれば、インドがそのよう なメッセージを送ることができないという風に見ているのでしょう。