本村伸子

もとむら のぶこ

  • 衆議院議員
  • 地域:愛知県
  • 選挙区:比例(東海)
  • 政党:日本共産党
  • 性別:女性
  • 生年月日:1972年10月20日

本村伸子氏の情報発信ツール

2022-08-19 12:38:05
厚生労働省(家族、二世支援など)、文部科学省(二世支援、スクールカウンセラーなど)、文化庁(宗教法人問題、名称変更問題など)も入るべきですよね。 早稲田議員が指摘していたように。 会合には法務省、警察庁、消費者庁、内閣官房孤独・… https://t.co/XOHhrWpCXK
2022-08-19 11:22:50
宮本徹議員「情報提供だけじゃなくて、後押しをかなり強くやっていただきたい。自分で検査をして陽性者登録センターで登録をして、オンライン診療を受けて薬局から薬が届く、こういうのができれば、現役世代はか なりそちらで対応ができて、高齢者は発熱外来にかかりやすくなる」
2022-08-19 11:20:16
加藤大臣「オンライン診療あるいは健康フォローアップ センターの活用、こういったこと、これを今各都道府県にお願いをしております。 また、非常に有効な事例、全国の自治体にも情報 提供。医療提供体制の維持、確保を図りながら、本当に厳しい状況の方に対する医療をしっかり確保していきたい」
2022-08-19 11:17:40
宮本徹議員「例えば世田谷区が始めたようなオンライン診療のような取組だとか、あるいは、健康観察センター、陽性者登録センターでオンライン診療、処方箋を出す、こういうことを大規模に進めていかなければならない。」
2022-08-19 11:13:51
加藤厚労大臣 「申し上げた支援あるいは融資の仕組みも活用していただきながら、地域における介護サービスの提供を継続していただけるように我々も引き続き支援をし、様々な声を聞かせていただきながら、必要な対応、状況を踏まえながら、地方創生臨時交付金の活用も求めている」 自治体まかせ?
2022-08-19 11:07:52
宮本徹議員「今までのメニューの枠組みでは足りない。必死でクラスターの対策をやって頑張っているのに、赤字がどんどんクラスターのたびに積み上がっていくとなると本当に介護事業者の皆さんの心も折れちゃう。国が公的に支援しない限りは、財政的に立ち行かなくなるところが出る。踏み込んだ支援を」
2022-08-19 11:03:39
加藤厚労大臣の答弁は、さらなる財政支援を求める質問なのに従来の支援の説明と自治体任せの「新型コロナウイルス感染症対策地方創生臨時交付金を活用した支援が可能であり、従業者等の負担軽減に向けた取組を進めていただくよう自治体にも依頼をしている」との答弁。
2022-08-19 11:00:19
新型コロナ 今日の衆院厚労委 ◆宮本徹議員「現状のクラスター対応への政府の補助金では、介護施設の減収を補う規模にはほど遠い状況にある。クラスターの中で必死で介護されている、この献身的努力に応える上でも、さらには今後の介護基盤を守っていく上でも、更なる財政的支援が必要だ」
2022-08-19 10:56:55
⑥宮本徹議員「本当に反省を深める必要がある。政治家がこうしたところにメッセージを出していくことによって被害の拡大につながるんじゃないかというのをずっと、対策弁連の皆さんは警告を発し続けてきたわけですよ。やはりしっかり深く反省して、私は、謝罪の言葉を述べていただくというのは必要」
2022-08-19 10:53:47
⑤加藤厚労大臣「そうした様々な課題がある団体との関係、それに対して国民から疑念が持たれ、ある意味では政治に対する不信を招く、そうした判断において、先ほど申し上げた至らない点があったということ、その点はしっかり踏まえながら、今後、こうした団体との関係はきっちりと整理をしていきたい」