政策を比べる【復興】

自民党
  • 街並みの全体地図を含めて誰にでも分かる工程表を整備
  • 仮設住宅での避難生活の長期化や災害公営住宅への転居、新天地への移住等被災者の健康支援
  • 効率的な除染の実施や中間貯蔵施設の整備等、復興加速化のための施策を推進し、避難指示の解除を推進
  • 汚染土壌等の中間貯蔵施設への搬入は2015年1月実施を目指す
  • 「緊急事態管理庁(仮称)」等の設置を至急検討
民主党
  • 国の責任で個々の被ばく線量を一元的に管理するシステムを構築し、廃炉作業従事者の健康不安を解消
  • 再生可能エネルギーを拡大する「新産業特区」の制定
  • 集中復興期間の5年延長
維新の党
  • 道州制を視野に入れた権限や財源の委譲
  • ソフト重視の復興支援策への転換
公明党
  • 中間貯蔵施設は30年以内に福島県外で最終処分を完了
次世代の党
  •  
共産党
  • 生活再建
生活の党
  • 居住にふさわしくない地域の移住を経済的に支援
社民党
  • 震災の集中復興期間の延長
新党改革
  •  
幸福実現党
  • 年間100ミリシーベルト以下の被ばくによる健康への影響は疫学的には認められていないため、長期的な除染目標である年間1ミリシーベルトを大幅に緩和
  • 風評被害の原因となり、被災地への帰還の妨げともなっている放射線への過剰な恐怖心を取り去るべく、放射線に関する正しい知識の普及に取り組む