病院と医師

 キーワード国立病院機構 

国立病院機構、2年連続赤字。65病院が2015年度よりも経営悪化

2016年度に経常収支68億円のマイナスで、初めて赤字転落した国立病院機構が2017年度も21億円のマイナスで、2年連続の赤字となったことが会計検査院の調査で明らかになった。

独立行政法人国立病院機構は、2004年に国立病院・診療所の大半の経営を国から引き継ぎ設立され、全国141の病院を運営している。
全体の経営収支比率は2010年度をピークに悪化に転じており、診療報酬改定や消費増税の影響がさらに経営に悪影響を及ぼしている。

2015年度に経営改善計画を立てていた病院のうち、およそ9割の82病院が計画を達成できず、7割の65病院が2015年度よりも経常収支が悪化していた。