著作権

 キーワード地方自治体 著作権 

フリー画像の使用で利用規約を確認せず、使用料を請求される自治体相次ぐ

「無料」「フリー」などのキーワードで検索したイラストをダウンロードし、広報誌などで使用している自治体は少なくない。
ところが、無料かと思って使用した画像の権利を持つ管理会社などから使用料を請求されるケースが全国で数多く報告されている。

「無料画像」などを取り扱うWebサイトからダウンロードしたとしても、必ずしもすべてのケースで無料だとは限らないからだ。
例えば「使用範囲は個人的なもの」であったり、使用画像の「点数に制限」があったりする場合、「著作者の表記」「サイトへのリンク」が条件となっている場合もある。

毎日新聞の調査では、2009年以降、少なくとも16自治体が約1940万円を請求され、うち11自治体が1060万円を支払ったという。

画像を使用した担当者は、イラストを無料で使用できると思い込み、利用規約などの確認を行っていたり、著作権に関する認識が不足しているケースが多いようだ。