bank

 キーワード金融政策 

【放置預金】10年以上放置で国が召し上げ 2019年1月から

2019年1月から国は10年以上放置された預金を社会事業に活用する。

国が新法を施行し、管理主体を銀行から国に変更したためだ。潜在的な預金は約6000億円で、対象も6000万口座を上回る見通し。
本人が気付かなければ権利は国に移り、申し出なければ手元に戻らない。憲法の財産権を守りつつも、国が私有財産を動かす異例の試みだ。

眠った資金を有効活用するためとはいえ、預金者は注意が必要だ。