flag2

 キーワード外交 北方領土 対露外交 

【日ロ平和条約】プーチン大統領、年内に平和条約の締結を提案

ロシアのプーチン大統領は9月12日、露極東地域への投資を諸外国に呼びかける国際会議「東方経済フォーラム」の全体会合で、安倍晋三首相に対して「前提条件なしで年内中に平和条約を締結しよう」と提案した。
これは領土問題の解決を事実上棚上げするもので、日本の従来の立場とは相いれない。

プーチン大統領の発言を受け、菅官房長官は「我が国としては北方四島の帰属の問題を解決したうえで平和条約を締結する」
「この主張に変わりはない」と述べた。

プーチン氏は「今、思いついたことだ」とした一方で、「ジョークではない」と説明しており、ロシアのモログロフ外務次官も「提案は日本への事前通告なしで行われた」などと述べ、プーチン氏の説明を裏付けた。