原発の反対を訴えるよりも原発に代わる発電所を

東日本大震災が起こった直後、私も原発反対と声を上げていました。しかし声を上げながらも原発について色々と調べていると、必要な理由も確かにあることが分かり考えを改めました。今日本にとって、そして人類にとって必要なことは、新たな発明ではないでしょうか。

原発事故当時訴えていた原発反対の理由

東日本大震災が起こり、福島の原発で事故が起こりました。広い地域で生活が困難となり、今もまだ生活できない場所が存在する最悪の状況です。原発事故は本当に恐ろしいです。これがもしももっと大きな事故となっていたら、福島どころか日本、或いは世界中が人々の暮らすのに適さないものになっていたかもしれません。そう考えた時、我々は原発という危険なものには手を出してはいけないのだと思えました。

使用済み核燃料の問題もあります。何処でどうどれだけの年月保管しなければならないのかを考えると、後の子孫に掛ける負担のなんと大きいことでしょうか。目先の利益だけを考えて原発を続けるのは、大きな過ちだと考えずにはいられませんでした。

原発が必要な理由

しかしそうは言っても、原発が必要な理由も徐々に分かってきました。原子力の研究の為、携わっている人々の経済的な問題、そして何より安全保障にも大きく関与していると考えられました。

研究に関しては、現在高速増殖炉もんじゅをどうするのか再検討されていますが、ロシアでは商用化一歩手前まで技術が進んでいるようです。原子力の研究は、続けることで確かに前進はしているのです。

化石燃料は枯渇しないとも言われています。だからそれで発電すればいいと言う人もいるでしょう。しかしこれから世界でドンドン石油の使用料が増えたとして、環境的には安全に原発を使うこととどちらが地球にとって優しいのでしょうか。今一度考えてみる必要があると思うのです。

石油の輸入量が増えたことで、経済的な損失も大きいですね。電気代が上がったことで、国民が自由に使えるお金が減りました。その料金の上がった分が国内で廻るのなら経済効果もありますが、全て海外に出ていくお金です。これはいわゆる、悪いインフレ要素というヤツです。

将来的に原発を無くす、或いは減らすにしても、少なくとも現状経済的視点からは原発が有った方が良いと言えるでしょう。

そして安全保障とも無関係ではありません。ハッキリと言える所ではありませんからあくまで想像ではありますが、日本に核施設があるということが抑止力となっています。もしも日本を攻撃して、全ての原発を爆発させたらどうなるのでしょうか。地球上にある人が住める土地はどれほど奪われるのでしょうか。

原発を減らしたいと訴える人がやるべきこと

原発には無くした方がいい理由と、必要な理由と両方が存在します。全ての理由を考慮すれば、原発は少しずつ減らしていくことが大切なのではないかと私は考えます。

ではその為に必要なことはなんでしょうか。原発に代わる新しい発電方法を確立することではないでしょうか。原子力研究の為にゼロにすることはできないと思いますが、減らすことは当然できます。原発が必要と言われている部分をなんとかすれば、原発は自然と減っていくでしょう。原発反対の声を上げることもいいですし、それによって高くなった電気料金を払うべきならそれは受け入れます。しかしそれでは何も結論はでません。

デモをする労力や高くなった電気代を払うお金があるのなら、その分新しい発電方法の研究に回した方がよいのではないでしょうか。原発反対に時間と金を惜しまないというのなら、そういう人が集まって研究施設を作り、新たな高効率な発電方法を見つけるべきです。

原発反対を希望するのなら、是非その方向で行動してほしいと思います。

秋華

秋華

東京都在住、40代の男性。芸能関係の仕事をしています。個人ウェブサイトを運営しており、『秋華』という名前で軽い記事を書き続けています。 http://info.syuka.com

原発政策についてどう思いますか

結果を見る

Loading ... Loading ...