民進党は政権を獲得する事が出来るか。

民主党政権が自滅し、自民党に政権が移ってから早いもので3年以上が経過しました。
東日本大震災という大災害が民主党政権時代に発生し、大震災への対応のまずさとその後の失政により、国民が民主党政権に見切りを付けてしまった格好です。
民主党は民進党と名前を変え再スタートを切りましたが再び政権を獲得出来るのでしょうか。

民主党政権の政治手法は全く間違っていたのか。

民主党政権は全くダメだったのでしょうか、そうは思えません。
政権獲得の序章となった当時の総選挙で、民主党は数々のマニュフェストを掲げて選挙戦を戦いました。
その中の一つに行政財改革、政策の見直し、特殊法人(現独立行政法人)への補助金の廃止によって約20兆円の財源を生み出す事が出来る、その費用で最低年金や子供手当、農業所得補償等の数々の政策を実現出来ると訴え、当時の自民党政権に飽き飽きしていた国民は民主党に期待し、総選挙は民主党の歴史的大勝利に終わったのは記憶に新しいところです。

20兆円という数字が正しかったどうかの問題はありますが、国政、地方自治に要する費用の中にいかに無駄な経費があったのか、それは民主党政権で行った事業仕分けで国民の知る事となりました。
残念ながら民主党政治家の不慣れさと役人の巧妙な手練手管による事業隠しによって、全ての無駄が洗い出された訳ではありませんが、それでも3兆円の財源を生み出す事が出来たと言われたものです。
当時の民主党政権がもっと国や地方の事情に詳しい人材を活用し、時間をかけて事業仕分けをしていたならば、おそらくもっと多くの財源が生みだされたのではないでしょうか。

現在の自民党安倍政権は全て正しいのか。

民主党から政権を奪取した安倍自民党政権は、東日本大震災と民主党政権の失政によるデフレ状況を改善し、国民経済を成長軌道に乗せるべく、アベノミクスというキャッチフレーズの3本の矢の政策を掲げ実施しました。
その為に政府自民党は、当所予算の他に毎年大型の補正予算を組み、景気刺激を続けて来ました。
その結果、長年続いていたデフレ状況は改善されつつあり、経済成長も目標には若干届かないまでも、プラス成長が実現されて国民の間に景気が好転しつつあるという意識が芽生え、実際に大部分の会社員の給料が上がりました。

ところが自民党政権の政権運営の中に、かつて来た道がチラチラ見えている事を見逃してはなりません。それは無駄使いが復活しつつあるという事です。
消費税が5%から8%に増税された事による増収は約7兆5千億、確か社会保障と税の一体改革は、増税による分は社会保障費と一部地方の財源、それに1000兆円に及ぶ国の借金返済に充てられるというものでは無かったのでしょうか。
それが国土強靭化対策の名を借りての公共事業費の増額、中止された筈の新幹線建設、高速道路の建設等々、財源に余裕が出来たのではありません。
国民は景気が良くなって自分のふところさえ豊かにさえなれば、どうにでもなると思っているのでしょうか。

政権交代をしないと緩みっぱなしになります。

日本の財政事情が最悪である事を忘れてはなりません。
目先の経済が好転し税収が増える、消費税増税により税収が増える、だからと言って財源に余裕が生まれて、その分何でも出来るというものではありません。借金の返済、益々増大する社会保障費等、無駄使いをしている余裕等無い筈です。
それどころかまだまだ経費を見直し、いかに効率的に使用するか考えなければならないのに、独り勝ちの自民党政権はそれを忘れてしまっています。
これは政権が替わる事はないというおごりからから来ている事に他ならず、まさしくかつて来た道ではありませんか。

先の総選挙で大敗し、弱体化してしまった今の民主党(民進党)ではまだ無理かも知れませんが、このような状況が続けば国民はやがて気付き、再び自民党政権にNOの二文字を突き付ける日が必ずやって来ます。その時には以前のように失敗しないよう、今からしっかりとした受け皿造りをしてほしいというのが私の願いです。

好々爺弥

好々爺弥

60歳代中頃、男性、大阪市在住、パート勤務、会社を退職後しばらくは自宅でのんびり過ごしていましたが、故あってパート勤務に出る事にしました。政権交代には大いに関心があります。

投票するときの判断基準は?

結果を見る

Loading ... Loading ...