国会議員の育児休暇取得と不倫問題について

国会議員初に育児休暇の取得を宣言したことでメディアや政界で話題となった宮崎衆議院がイクメンの新しい可能性として期待されていた中で起きた不倫問題や、これからの男性と女性の育児や働き方について語りたいと思います。

国会議員の育児休暇取得と不倫問題について

国会議員初の育児休暇の取得を宣言したことでメディアや政界で話題となった宮崎衆議院が、イクメンの新しい可能性として期待されていた中で起きた不倫問題までについて語ってみます。

国会議員の育児休暇取得について

国会議員が国民を代表して活動していく中で、先進的に男性が育児休暇をとることについては将来的なイクメンの育児休暇の先駆けになる一方で、だだでさえ多い国会議員が育児休暇をとることが税金の無駄遣いになるなどと批判も出ているのが現状です。
国会議員の全てに問題があるわけでないと思いますが、世界的にみても異常な議員の給与や定員数が問題となっているのが事実です。
削減と言いながらも自分の利権や立場が大事だと言わんばかりの言動で国民の信用をなくしつつあります。
これからの社会を担う若者がよりよく働きやすい環作りのために、利権など大事さに年長者が妨げてるのは違うように思えます。共働きでさらに働きやすい環境作りのために頑張ってほしいと思いました。

育児休暇取得発言後の不倫問題

育児休暇取得を宣言し、良いイクメンのイメージがあった宮崎議員による奥様の妊娠中の不倫が週刊文春によって掲載されたことにより、一気に逆の状況になりました。
不倫だけでも問題があるの中で、奥様が妊娠で苦しんでいる時に不倫をした軽率な行動は、国会議員としてイクメンがこれからの育児休暇取得を妨げるような結果となってしまいかねないでしょう。
これから、イクメンのあり方が大事となってくる中で、尽力している経営者や専門家の方々へも謝罪すべきだと思いました。
この問題により、イクメンの育児休暇取得が妨げられないことだけを願うしかないでしょう。

イクメンの育児休暇について

日本の男女の育児休暇取得は、先進国の中でも低く、イクメンの育児休暇取得が皆無に近いほど低いのが現状のようです。
育児休暇が進まない原因は、様々ですが日本の企業体質自体に一番の問題があるように思えます。
長時間労働や過酷な労働環境であるほど労働者の権利であるはずの休暇が一部の企業体質や経営者による妨げられいるようです。
育児休暇に限らず、有休休暇などの特別休暇を取得すると上司や会社からの評価に影響したり、ヤジを入れたり、愚痴などをこぼす職場環境が取得の妨げとなる大きな原因となっているので、労働環境自体の改善を経営者が積極的に行っていくことと育児休暇などを気軽に取得することができる環境作りが必要になると思います。

これからの働き方

イクメンの育児休暇取得だけではく、男性、女性が同等の立場で生活できる社会や新しい働き方が増えてくると思います。
女性だけが育児をする社会ではなく、互いに協力していき、女性もバリバリ働くことができる制度やサービスの設立などがとても大切になります。
一人の国会議員の滅茶苦茶な事件によりイクメンの育児休暇の取得が遅れないことを願います。
一億総活躍社会と掲げている以上、男性の育児への協力が必要不可欠なのが明確であり、そのために国が率先して動いていくことが大切だと思います。

湯取さとり

湯取さとり

25歳の中部地方在住の男性会社員です。社会の変化の渦中にあるゆとり世代の一人として、同世代や下の世代のニュースや変化に関心を持ち始めています。

次の選挙での重要な争点は?(3つまで)

結果を見る

Loading ... Loading ...