信用できるのは具体的な対案を出す政治家

衆議院選挙、参議院選挙のいずれであっても、与党と野党が対立するのが普通です。与党については日頃の政策から判断することができますが、野党を選ぶのは難しいものです。きちんと対案を出しているかに注目すると、選びやすくなります。

候補者の主張をよく確認する

選挙の際に投票する候補者を選ぶのは、簡単なことではありません。どの候補者も、言っていることが同じように聞こえてしまうことが多いのです。しかし、演説をよく聞いてみると、細かい部分では違いがあることに気づきます。

大切なことは、表面的な主張に流されないようにすることです。1票でも多く集めるために、候補者は誇張した意見を述べていることがあります。しっかりと聞いて、どのような点を重視している候補者なのかを確認しなければなりません。なんとなく良さそうなことを言っている候補者に投票してしまうと、後になって裏切られた気持ちになることが多いので、慎重に判断しなければならないのです。良さそうだと感じた場合は、一度冷静な気持ちになる必要があります。候補者が話している内容が、実現可能なのかを考えてみることで、投票するべき候補者なのかを判断することができるようになります。

野党が対案を出しているか

与党の候補者が考えていることは、非常に分かりやすいです。それまでの政治が、どのように行われてきたかを見ていれば、ある程度は察しがつきます。

しかし、野党の候補者となると、考え方が分かりにくい場合が多いです。野党の候補者は、具体的な意見を述べていないことが多々あるため、注意しなければなりません。与党の政策をただ批判しているだけの候補者は、意外と多いものです。

しかし、野党の役割は与党に反対することではないのです。国民のために必要なことを考えるのは、与党であっても野党であっても同じです。きちんと対案を出しているかどうかを見極めるようにしなければなりません。対案を出さないまま反対しているだけの候補者は、当選した後も具体的な行動を起こすことができないものです。

良い部分と悪い部分を比較する

与党の政策がうまくいっていない場合でも、与党の候補者が全て悪いわけではありません。逆に、野党の候補者が全面的に良いということもないのです。

候補者1人1人の演説を聞いて、良い部分と悪い部分とを探っていくことがポイントとなります。
政治家の演説を正しく理解するのは、慣れていない人にとっては難しいことです。選挙に臨む候補者は、聴衆の気持ちを惹き付けるために、大げさなことも多く口にしています。聞いている時に、大げさだと感じる部分があった場合は、慎重に判断する必要があります。
候補者が話している内容の中には、良いことと悪いこととがあるのです。しっかりと比較をすることで、自分が投票するべき相手を見つけることができるようになります。

周りの意見に流されない

選挙で投票することが初めてだという人は、周りの人の意見に流されやすいという特徴があります。
選挙というのは、1人1人が自分の考え方に沿って投票することが重要なので、周りの意見を聞く必要はありません。聞かなければならないのは、候補者の話だけなのです。

候補者は、所属政党の考え方に沿った形で演説をしていますが、話しているのは政党の考え方だけではありません。随所に個人の考えも盛り込んでいます。
重要なことは、個人の考えの部分です。どのような考え方をしている候補者なのかをきちんと見極めて、しっかりと清き1票を投じるようにしなければなりません。

田村久雄

田村久雄

埼玉県在住の30代男性、独身の会社員。学生時代から政治に関心を持ち、選挙には必ず投票するように心がけている。政党名で選ばず、個人の考え方を重視する。

選挙の際にとくに重要と思う情報源は?(3つまで)

結果を見る

Loading ... Loading ...